健康診断

特定健診・特定保健指導・肝炎ウィルス検診・労災二次検診・船員健診・船員生活習慣病予防健診を行っています。

項目内容料金
基本検診診察・身体測定・視力・聴力・血圧・尿検査・心電図・血液検査・胸部X線検査
※労働安全衛生規則では基本検診が義務付けの項目となっております。
7,000円
船員健診35歳未満
35歳以上
4,600円
9,200円
胃透視胃がん検診12,800円
胃カメラ組織検査あり
組織検査なし
26,150円
12,890円
便潜血検査
2回法
大腸がん検診1,320円
HbA1c糖尿病検診(基本検診に包括)
クレアチニン・尿酸腎機能の指標220円
AFP肝臓がんの腫瘍マーカー1,010円
CEA肺がん・胃がん・大腸がんなどの腫瘍マーカー1,010円
CA125卵巣がんなどの腫瘍マーカー1,500円
PSA前立腺がんの腫瘍マーカー1,300円
ヘリコバクター・ピロリ抗体ピロリ菌感染の有無を調べる。2,240円
アルブミン栄養状態の指標110円
B型肝炎ウィルス検査HBs抗原1,200円
HBs抗体1,200円
C型肝炎ウィルス検査HCV抗体定性・定量1,400円
便培養・・・(赤痢・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ・O-157)3,300円
骨密度検査
(DEXA)
 1,400円

上記の金額には消費税は含まれておりません。
受診される方の氏名・フリガナ・生年月日・受診日をFAX(0799-62-5577)にてお知らせ下さい。
個人票はこれまでのものがあればお持ち下さい。無ければ当院に用紙がございます。
何かご不明の点がございましたらご連絡(0799-62-5566)下さい。よろしくお願いいたします。(R4年5月現在)

船員保険生活習慣病予防健診のご案内

受診券が必要です。あらかじめ取り寄せて下さい。

がん検診を含む健診で、検査項目が充実しています。 生活習慣予防健診には、以下のがん検診が含まれています。

胃がん検診バリウムを飲んで、レントゲン撮影を行います。
※ 胃透視検査は胃カメラ検査に変更もできます。
肺がん検診胸部X線撮影直接法で肺がんや他の呼吸器疾患の有無を調べます。
大腸がん検診検査容器に異なる日の便を2回とって提出していただき、便に混ざった血液の有無を調べます。

追加で前立腺がん検診(男性のみ)も受診いただけます。
対象者(年齢要件)当該年度中に50歳以上に達する方 料金:904円(税込)

  •  前立腺がん検診は年齢要件に該当する方は受診できます。受診には追加料金が発生します。
  •  年齢要件に該当しない方は、全額自己負担となります。
  • HCV抗体検査:追加料金462円(税込)で検査可能です。

一般健診は無料で受診いただけますので、大変お得です。船員手帳に健康証明を受けることができます。

船員保険の生活習慣病予防健診の検査項目には、健康証明に必要な項目がすべて含まれておりますので、生活習慣予防健診を受診いただくことにより、健康証明も受けられます。
  • 別途転記料として1,100円(税込)の費用がかかります。
  • 生活習慣病予防健診と併せて健康証明を希望される場合はご予約時に必ずお伝え下さい。
タイトルとURLをコピーしました